少子高齢化社会の問題点

 
少子高齢化社会で真っ先に問題点と取り上げられたものが、高齢者に支払われる年金のために、労働者への経済的負担増加が余儀なくされたことですね。
 
また、高齢者が増え続けるのとは逆に、不景気の社会で労働者は減ると予測されている、また年金の支払い率が非常に悪化しているため更なる負担は避けられなくなるでしょう。
 
現実に、従来の年金支払年齢 65 歳の人も働くことによって経済的負担を支えると、心配されていた労働者の減少をとめることはできるのでは・・・という考え方の対策もあるそうです。
 
しかし、この高齢者への年金支払年齢の引き上げは若者の年金離れを加速させているように思われてなりませんね。少子高齢化による働き手の減少で、一番労働力がある若者の数が減少する。
 
さらには年金等の経済的負担の大きさを目の当たりにし、この社会で働く気力を失う人が増えてくると予測されています。
 
この問題は、景気が回復し失業者が減り就業率が上がるそのときまで解決しないのではないでしょうか。現時点でも赤字続きの財政。
 
このまま少子高齢化が進むとさらなる赤字になると予想できます。国民の負担がさらに増えることにより経済的理由で子供を産まない人が今以上に増え、少子高齢化も国家財政の赤字も歯止めがきかなくなる・・・そんな日本社会の悪循環がすでに目に見えてくるようです。